悩ましいニキビ!ニキビを知って解消に役立てる


ニキビとは何なのか?

いつの間にか発生するニキビは、誰もが一度は悩まされるものです。思春期に悩まされるニキビは主にホルモンバランスの乱れが原因で、体が急速に変わっていく時なのである程度仕方ない部分があります。しかし、大人になってから発生するニキビはホルモンよりも生活習慣が主な原因です。脂っこい食事ばかりすれば皮脂量も多くなってしまい、毛穴を詰まらせて炎症が起こった状態がニキビです。偏った食事を続けていると便通も悪くなり、便が滞れば毒素が体中を巡ってしまいます。内臓で処理し切れなかった毒素はニキビという形で体表に出現します。

まずは生活習慣を見直す

ニキビを防ぐには生活習慣を見直すことです。カロリーオーバーにならないように食事を管理するのはもちろん、睡眠時間も最低7時間程度は確保します。睡眠時間は体を修復する時間なので、ニキビが小さくなるのも睡眠中です。体を万全の状態に保っておけばそもそもニキビが発生しない体内環境にもなります。すぐ薬に頼るのも一つの手段ではありますが、それだけお金もかかるのでまずは生活習慣を見直す必要があります。

皮膚を清潔に保つ重要性

ニキビは菌が皮脂などをエサにして増殖し、結果的に炎症を起こします。なので、洗顔を欠かさず行うことで皮脂というエサを洗い流すのが重要です。ニキビが発生すると無暗に触ってしまう方もいますが、刺激すると大きくなるので逆効果です。更に手は色々な菌が付着していて汚いので、触るとわざわざ菌を皮膚に移すことになります。

顔に出来るニキビは他の部位よりも汚れが多く、自分で潰すと深い傷が残りやすい傾向があります。ニキビ跡を作らないためには医療機関で治療を受け、傷口に細菌が侵入しないように衛生管理を徹底するのが効果的です。